賃貸への引越しを行う際、その流れの中で忘れがちな注意すべき点についてポイントをまとめてみました。

賃貸物件を借りるまでの情報収集
賃貸物件を借りるまでの情報収集

賃貸における引越しの流れの注意点

引越しの流れといえば一般に、部屋の条件を決めて一致する賃貸物件を探して契約し、引越し1ヶ月前までに現在の部屋の解約手続き、2週間前までに役場で転出届、1週間前までにガスや電気や水道や電話の解約と郵便局で転送届、前日までに荷造りおよび不要な物の処理、そして当日引越しして、引越し後2週間以内に転入届、他各方面に住所変更の手続きといったフローになりますよね。この流れ自体は、すぐに把握できるのですがいざその場面にならないと気づかないポイントというのもいくつかあります。その中で特に忘れがちな注意すべきポイントが、前日までに行う荷造り及び不用品の処理なのです。

というのは、引越し先まで持っていかない処理するものの中で大型の家具やパソコン類には粗大ゴミや家電リサイクル法といったスケジュール上、法律上の制限がある為、いつでもすぐに処理できるというわけではないからです。したがって引越し直前になって、古いベッドを捨てたいけれどもう引越し前には粗大ゴミの日が無かった、というようなことが無いように粗大ゴミのスケジュールを早めに把握してどの時点で出すか計画を立てることが重要なのです。また、この日を逃してしまった場合の対応としてはネットオークションで送料分位の金額で出品したり、回収業者に依頼するといった方法もありますが、やはり忘れずスケジュールをチェックすることが一番でしょう。

そのほかお薦め記事

Copyright (C)2017賃貸物件を借りるまでの情報収集.All rights reserved.