賃貸に引っ越す当日にとる流れのパターンの種類と、それぞれの特徴や魅力についてまとめてみました。

賃貸物件を借りるまでの情報収集
賃貸物件を借りるまでの情報収集

賃貸の引越し当日の流れとパターン

賃貸の引越しの当日の流れについて、いくつかパターンに分けて並べてみましょう。まずは新しい部屋への入居の手続きから、引越し荷物の受け取りまで当日のみの1日で一気に済ませるパターンです。次に実家や最寄の知人宅を利用して、数日かけて各種手続きや荷物の受け取りその他を少しずつ片付けてゆくパターン。そして、引越し当日から1泊2日程の日程でホテルを利用して2日に分けて上記のタスクをこなすパターンです。今回はこの3パターンの流れについて、それぞれの特徴についてまとめてみましょう。

まず、1つ目の1日で全てをこなしてしまうパターンです。忙しい時期に引越しが重なってしまった場合にはこのパターンを選ぶ人も多いことでしょう。何よりスピーディーに片付けることができるのが魅力ですが、引越しピークの時期には手続きに待たされる可能性も高いので、手続きしている間に荷物を受け取る留守番役を誰かに頼むとスムーズです。2つ目の実家や知人宅に数日泊まりつつ、入居手続きや荷物の受け取り、家具家電の購入等を少しずつ済ませてゆくパターンです。これは1日で片付けるのとは別の意味で忙しく丸1日の引越しスケジュールすら取れない場合に、便利な方法です。最寄に実家か知人宅があることが前提となりますが、その間に近場の店や道などの情報も得られるのが魅力ですね。

そして3つ目のホテルを1泊2日程利用して2日に分けて引越しをこなすというパターンです。これは僕も利用したものですが、長距離に引っ越す場合や不動産屋や役場の窓口が混む引越しピーク時に適した方法ですね。

そのほかお薦め記事

おすすめ!

Copyright (C)2017賃貸物件を借りるまでの情報収集.All rights reserved.