賃貸の引越しは出費が嵩むものですが、プロに頼むほうが無難です。平日の休みは時間を有効に活用しましょう。

賃貸物件を借りるまでの情報収集
賃貸物件を借りるまでの情報収集

出費の多い賃貸の引越し

引越しは、流れさえ掴んでおけばそんなに慌てることはありません。私も役所への手続きを忘れていたり、当日引越し業者へ渡すお金を銀行からおろすのを忘れていたり、いろいろと失敗をしてきましたが、失敗から学んだことも数多くあります。一番のポイントは、なるべく早めに取り掛かるべきこと、1週間前までに終わらせておくこと、前日にするべきこと、と分けて行動することです。そして役所関係の手続きはなるべく1日で済ませるようにしましょう。ひとつひとつの手続きにはそれほど時間はかかりませんが、役所ですべき手続きは多いので、分けると何度も仕事を休まなければなりません。賃貸の管理会社も日曜日は休んでいることがあります。土曜日は電話番だけ、というところもありました。平日に休んだ時は、平日にしかできないことをすると時間を有効に活用することができます。

賃貸から賃貸への引越しには必ず数十万円のお金がかかります。出費を抑えようと引越し業者に頼まず、友人に手伝ってもらったことが何度かあります。しかし私の経験では、それほど節約にはなりませんでした。レンタカーを借りなければなりませんし、手伝ってくれた友人にもお礼をしなければなりません。引越しだけはプロに頼んだほうが良い、というのが私の感想です。

そのほかお薦め記事

Copyright (C)2017賃貸物件を借りるまでの情報収集.All rights reserved.