引越しの当日は意外とすることが少ないですが、賃貸は敷金や水道代の精算等があります。当日の流れを紹介します。

賃貸物件を借りるまでの情報収集
賃貸物件を借りるまでの情報収集

賃貸での引越し当日の流れ

引越しが決まったらやることがたくさんありますが、引越しの当日には意外とすることはありません。もちろんこれは前日までにきちんとすべきことをしたことが前提です。もしも前日までに終わらせておくべき荷物の梱包や、貴重品の整理などが残っていれば、当日はパニックになってしまうことでしょう。当日は荷物搬送の作業員に的確な指示を出す程度で、自身はのんびりと過ごせるよう充分な準備をしておきたいところです。但し賃貸の場合、引越し後に敷金の精算という重要なイベントが残っていますので気は抜けません。

当日の大まかな流れを見ていきましょう。まずは荷物の運び出し、掃除、退去する住まいの敷金や水道代などの精算、ここまでが旧住まいですべきことです。敷金の精算はその場でされることは少なく、確認だけが多いです。振り込まれるのは後日になりますので、賃貸の引越しではひとまず多くの現金が必要になります。そして移動、荷物の搬入、新しい住まいでのガスの開栓手続き等です。ここまでくればもう一息です。賃貸ではご近所に挨拶をしない人も多いですが、するのであれば当日が良いです。管理人さんがいるのなら、最もお世話になる人ですので必ず挨拶に行きましょう。菓子折りやタオル、洗剤など、ちょっとした挨拶の品を持っていきます。荷解きは自分のペースで良いですが、あまり時間をかけすぎると嫌になってきますので、なるべくテキパキと早めに済ませるほうが良いです。

そのほかお薦め記事

Copyright (C)2017賃貸物件を借りるまでの情報収集.All rights reserved.