賃貸マンションなどの引越しの準備に必要な掃除と梱包などに使うものについてのそれぞれ個別の説明

賃貸物件を借りるまでの情報収集
賃貸物件を借りるまでの情報収集

賃貸マンションなどの引越し準備に必要なもの

賃貸マンションなどの引越しの準備に必要なもの、そのほとんどは掃除と梱包に必要なものと言う事でよろしいと思います。まず、梱包などに必要なものは、ダンボール・ガムテープ・油性マジック・輪ゴム・ドライバー等の工具・新聞紙・緩衝材などです。ダンボールは大・中・小を揃え、それぞれサイズを統一すると、トラックに積み込む際隙間なくキッチリと積むことができ、料金を節約する事もできます。ガムテープはダンボールの梱包に使いますが、油性マジックは中に入っている物の確認のため、ガムテープを適当な長さにカットし、それに中身を書いてダンボールに貼っておくと、中身が把握しやすくなります。輪ゴムはダンボール内の荷物を区分けしたり、まとめるのに使います。ドライバーなど工具は家具の分解・組み立てや、冷蔵庫・洗濯機など家電のコードやラインの整理にも使います。新聞紙・緩衝材(プチプチのシートなど)は割れ物や精密機器などの破損を防ぐために使います。

そして、掃除などに必要なものは、ぞうきん・タワシ・カビキラー・ビニール袋・ほうきなどですが、ぞうきんは引越し準備中も、引越し当日もとても使う場面が多いので、大目に用意しておいた方が良いです。タワシやカビキラーなどで、これまで放ったらかしにしておいた頑固な汚れや、カビなどをきれいに掃除し、ガスレンジ周辺の油汚れなども綺麗にしておきましょう。最後にほうきなどで部屋を綺麗に掃除します。

そのほかお薦め記事

Copyright (C)2017賃貸物件を借りるまでの情報収集.All rights reserved.